auguryの世界を憎むチラ裏。

日々生きにくくなる日本で、自分がすべきこと。

最終的に女に求めるのは接合ではなく可愛さと癒しだと気づく。

アラサーおじさんになって思うことがある。それは性欲の減退とセックス意欲の減退だ。女に求めるものは20代前半まではとにかくセックスなのが常識であるが、日本的にも個人的にも20代後半になるに従い性欲の減退は著しいし、何より腰を振り続ける必要のあるセックスは疲れる割に対して気持ちよくもない確率が高い。じゃあ女には何を求めるのかといえば、それは可愛さとそれに付随した上での癒しである。そしてこれはここ数年の若年男性がアニメや漫画やラノベに求める女性像と一致していたことに気づく。つまりDT君も性欲減退おっさんも求めるのは空想上セックスもしくは疲労と義務の上でのセックスではなく、可愛すぎて思わず笑みが溢れるような美少女が自分をチヤホヤナデナデしてくれる行為だということに気づいてしまったのだ。チクワとして女をもとめるのではなく、ただただ可愛さと甘えと無邪気の許された空間や関係に思い巡らせ、その中で失われた男性性ないしは根源的愛を取り戻すということである。そのための最も思い至る手段として美少女というイコン、偶像が存在するのであり、経済の行き詰った日本産業界がリバイバルブームだのと言って既存のコンテンツに繰り返し頼り続ける中で産まれたアイドルという美少女の消費形態もその一種であろう。別にアイドルや美少女にはセックスを望んでいるわけではないのだ。いやここは個人の見解の相違があろうが、セックス自体は疲れるし相性が一致して満足いくセックスのできる確率はお互いのコンディションもありそう高くはないのだから、実際セックス自体ではないのだ。あくまで仮想上のゴールとして設定されているだけで、本当に希求しているものは、美少女がもたらす癒しそのものである。

 

そういう視点でアニメを観ていると、やはり日常系アニメや美少女アニメ(非戦闘)が私の心に響いてくるのは間違いないじゃないことに気付かされる。戦闘ものはセックスを想起させる。攻撃や野蛮や闘争は10代~20代前半まではそれを求めるものであるが、年齢を重ねるにつれて、そういう争いは現実世界で限りなく体験してきたわけで、これ以上アニメの空想世界の中で観たくもないものである。という訳で私的に来期アニメのおすすめを挙げておく。

OVA ハイスクール・フリート

フレームアームズ・ガール

シンデレラガールズ劇場

サクラクエスト

ひなこのーと

冴えない彼女の育て方第二期

エロマンガ先生

以上。